2010年03月13日

一人暮らしで犬を飼うということ -誰もが自分という名の物語の主人公-

せっかくヘッダーも変えて、ブログらしくなってリニューアルして、
更新頑張ろう!と思っていたのですが、
結局今週はとても忙しくて、ブログの更新が出来ませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

…にも関わらず、遊びに来て下さった方、ポチッと応援までして下さった皆さま、
ありがたく感謝いたします。
m(__)m

さて…
日に100〜200のアクセスのマイナーで拙いサボのブログではありますが、
週に何回か検索から同じキーワードでヒットして飛んできて下さる方がいらっしゃいます。
そのキーワードは「一人暮らし 犬 ブログ」「一人暮らし キャバリア」など、
一人暮らしでキャバリアと暮らしている方なのか、これから暮らそうとしている方なのか。

サボは以前「一人暮らしで犬を飼うということ」というタイトルで記事を書いたことがあります。
畳み掛けるような文章だったので、周りからもよくも悪くも反響がありました。

あれから1年半経って、当時とは状況も考え方も少し変化して、
サボもまたこの状況での思いを残しておきたいし、
もしかして、またこの記事に辿り着いた、まだ見ぬキャバリアとの暮らしを思い描く方のお役に少しでも立てればと、
改めてこのタイトルで記事を書いてみたいと思います。

基本的な考え方は当時と変わっていないので、重複する部分はなるべく書かないように心がけますので、
詳しく読みたい方がいらっしゃいましたら、以前の記事もご参照下さい。


100313-IMG_1163.JPG

一人暮らしで犬を飼うということ。

正直、サボはノアが生きがいであると言っても過言ではないくらい、
ノアのことが大事です。
ノアが可愛くて愛しくてたまりません。
それでも、平日の昼間はノアを置いて仕事に行かなければいけません。

犬に対してそこまで感情移入してしまったサボを普通ではないとか、
ちょっとおかしいと言われたこともたくさんあります。
サボは通常、とても合理的で理屈っぽいタチなのですが、
殊、ノアに対する気持ちや行動は非合理の塊だと思うし、理屈なんてどこにもありません。

サボはとことん考えるタチなので、なぜノアがサボにとってそこまで大事なのか…
突き詰めた答えは、考えた割にとてもシンプルで、
ノアがサボにとって可愛いことはもちろんのこと、
「ノアの幸せはサボの手にかかっている」
これに尽きるということなのです。

PICT0001 2010-03-12 0-35-55.JPG
初めてのシュシュ。
サボのものですが、ノアにもちょこっと貸してあげました顔(イヒヒ)

人間は自分で自分の人生を切り開くことが出来る、
でも、犬は違う。
飼い主の心持ち1つで犬の一生というものは良くも悪くも大きく変わってしまう。

ノアにとってはノアだけの一生。
大事な大事なノアだけのもの。
それをサボという一人の人間の気持ち1つに預けるとはどれほど心もとないものなのか。
だからサボはノアを不安にさせないよう、ノアとの絆を可能な限り強くしたい、
どんな時だって徹底的に味方で絶対に裏切らないということを
毎日の積み重ねでノアに伝えたいと思うのです。

PICT0001 2010-03-12 7-52-49.JPG
朝晩のお散歩、欠かしたことがないのは、飽きっぽくて根性がないサボの
数少ない自慢です犬(足)

サボはノアが大好きです。
だから、ノアの一生を出来る限り輝かせてあげたい。
サボはどうしたらそれが出来るのか。
そんな立派な目標を掲げたところで、それでも現実として、
ノアは平日は1日の半分をほとんど一人で過ごしています。

いろんなスタイルで、いろんなスタンスで犬と暮らす方がいると思います。

でも、一人暮らしや共働きで犬を1匹で飼う場合、一度は考えるであろう、
平日の愛犬の1日は半分は一人ぼっちであるということ。
極端に言えば、犬の短い一生のうち、ほとんど半分を一人で過ごさせなければならない、
ということ。
人と行動を共にすることを願う、自分の愛する存在に課さなければいけない現実は
けっこう過酷なものなのだと。

我が家は幸い、月の半分くらい、実家の母&ペルが家に来てくれていますが、
それでもサボは自分のノアの飼い方が○かと言われたら、
もっと出来ることはあるんじゃないかと思っています。

PICT0001 2010-03-12 7-55-02.JPG

愛情は常に増してゆくから、「これでいい」なんて思うことはありません。

サボが一人暮らしで犬を飼うということに対して、1つ言えることがあるとすれば、
どんな時でも犬のことを忘れない、そして、一人暮らしでノアと暮らすとはいえ、
それは周囲の協力なしには成立しない、ということです。
(家族とか職場とか)
もちろん、たくさんお金があれば解決出来ることはあるだろうけど、
これはあくまで、平均的な社会人の平均的な暮らしをする一小市民のサボのお話。

PICT0001 2010-03-13 9-08-55.JPG
日向ぼっこ大好き晴れ
ヒト化しているノアさんだけど、ヒトと暮らすことで発達する部分はあるけど、
本能は本能のままである命の美しさ。
それに日々触れられる幸せをサボはいつも感じています。

PICT0001 2010-03-13 14-47-03.JPG

ノアというノアだけのたった1つの命をどう輝かせていくか、
これからもきっとサボにとっての命題であり続けると思います。

出来るだけおいしくてバランスの取れた食事レストラン
清潔で寝心地のよいベッドと衛生的な環境眠い(睡眠)
適度な運動と1日2回のお散歩犬(足)
あと、ノアさんの魅力を引き出してあげられる可愛いお洋服ブティック

そして、何よりも
離れていてもいつも想っているという愛情黒ハート
(本当は1日中一緒にいられたらいいんだけどなぁ)

少ないかもしれないけど、サボがノアに約束しているもの。

PICT0002 2010-03-13 15-05-37.JPG
あと、お出かけ好きなノアさんだから、お休みの日はいつも一緒がいいね!
可能性を広げるためにも、出来る限りノアにいろんな体験をさせてあげたいと思う。

今日は久々に晴れてあったかい週末だったので、ノアさんと吉祥寺にお出かけ犬(笑)
タイ料理の「PEPACAFE FOREST」へ。

正直、一人暮らしで、しかも寂しがりやで人が好きなキャバリアを飼うこと自体、
虐待だと言われたこともあります
どんなに頑張っているつもりでも、一人暮らしというだけで、
そう見られることは現実としてあります。
もちろん、こうして、サボが出来ることをしているつもりでもまだまだ足りないという指摘の声もあるかと思います。
一人暮らしで犬を飼うとそういう風当たりもあるし、
逆に、「所詮、犬なんだから」とペット=趣味と捉えられる周囲とのギャップに悩む時もあります。

だからこそ、これからキャバリアと暮らそうと考えていらっしゃる方には、
そんな逆境もありながらも、それもで飼い主の心を惹きつけて離さない、
このキャバリアというワンコの魅力を十分に考慮して、
それに振り回されるのを厭わない方にオススメしたいと思うのです。

このタイトルでまた次回があるのかないのかは未定ですが、
こうしてすっかりノアというキャバリアに魅了されたサボの今後を
あたたかく見守って頂けると幸いです。(笑)

PICT0002 2010-03-13 18-24-28.JPG
キッチンマットとか、日用品のお買い物が今日はいっぱいだったけど、
それでも一緒に行けるなら出来る限り一緒がいい。

いつもは夜はギラギラして元気いっぱいなノアだけど、
こうして十分遊んだ日はすでにグッスリで、満足して遊んでくれたのだろうと思って
あったかい気持ちになるサボですいい気分(温泉)

とりとめのない文章になってしまいましたので、書き直す可能性もありますが、
こんなに犬バカになってしまったサボの「一人暮らし犬日記」がどなたかのお役に立てるなら本望です。

っていうか、一人暮らしで犬を飼うと決めたなら、親バカになってあげた方が
そうでないよりワンコはきっと幸せだと信じているサボです。

PICT0001 2010-03-13 8-06-08.JPG

ノアという、ノアが主人公の物語。
都内に暮らすどこにでもいるような平凡なサボととびきり可愛いキャバリアのお話。
どうかその物語が幸せと笑顔とたくさんの登場人物で溢れる、
そして出来るだけ長いストーリーになりますように。
カーテンコールを迎えるその時まで、サボは鳴りやまない拍手を送り続けたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています演劇
たまにしか更新しないのに、文章が多くてすみませんあせあせ(飛び散る汗)
応援いただけると励みになりまするんるん

ニックネーム サボ at 23:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいじゃないですか!
ノアちゃんはサボさんが大好き、って
ことは会えば誰もが判ります。
サボさんを見つめる時、
ノアちゃんは最高の表情をするんだなって。

お互いに信頼関係があれば、
一緒にいる時間について
他人からとやかく言われる筋合いない
ですよ。

以前職場の方と子供について話した時、
「いくら四六時中一緒にいたって
信頼関係がなけりゃ意味がない」って
先輩の台詞を思い出しましたよ…
Posted by エルメパパ at 2010年03月14日 02:45
ご無沙汰です。
私も、結婚してすっかりブログが書けないし
他の方のサイトも見れない状況です。

久々に遊びに来ました。
とても良い文章ですね〜。
私も一人暮らしでラムを飼い始めましたが
サボさんと同じ気持ちですね〜。
私なんて、7時に出社して24時に帰宅がざらでした。。。泣
今は不景気で、少しラムには良い時期かな??

常にラムの事を思い、ラムとの時間を
出来るだけ長く密度濃く共有出来るように
親バカ丸出しで生活してました。
そして、結婚した今も変わらないですよん。

これからも、サボさんとノアちゃんの
深くて温かい信頼関係を続けて下さいねぇ!
ノアちゃんは、本当に幸せ者ですね!!

もうすぐ桜の季節ですね〜。
吉祥寺に遊びに行こっと!
ノアちゃんに会えたりして。。。笑

Posted by ラムぱぱ at 2010年03月16日 15:07
サボさんのブログは本当にいつも共感できます。うちは主人も娘も犬が大好きで13匹の犬がいます。中でも、去年の主人からの誕生日プレゼントでした2008年10月生まれのキャバリアのコテツこと、こっちゃんは本当に甘えん坊で、いつも私の傍にいて私を見ていてくれ、何処へ行くにも私から離れません。私にとってこっちゃんは、かけがえのない存在です。これからもサボさんのノアちゃんへの想い、いっぱい聞かせてくださいね。
Posted by kote-love at 2010年03月17日 23:32
〜コメントありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

四葉エルメパパさま
お返事が遅くなってすみませんあせあせ(飛び散る汗)
>サボさんを見つめる時、
ノアちゃんは最高の表情をするんだなって。
そう言って頂けるととても嬉しいです顔(笑)
↑↑一番上の写真はサボを見上げるノアの写真を撮って頂いたものなんですカメラ
サボのカメラのレンズを見るノアの写真はいつも撮っているけど、
サボを見つめるノアの写真は自分では撮れないので、
他の方に撮って頂いた場合は、ブログなどでもこっそり頂いて(笑)コレクションしています。
>「いくら四六時中一緒にいたって
信頼関係がなけりゃ意味がない」
そうなんですよね、サボもそれは思っているのですが、
どうしてもノアのお留守番の時間の長さについては
フレキシブルに考えられないんですよね。
でも、四六時中いるのと変わらないほどの愛情をこれからもノアに注ぎ続けたいと思います黒ハート


四葉ラムぱぱさま
お久しぶりでするんるん
こちらこそ読み逃げでいつもすみませんあせあせ(飛び散る汗)
ラムぱぱさんもお忙しそうですねダッシュ(走り出すさま)
そうでしたね、ラムぱぱさんも一人暮らしでラムちゃんと暮らし始めたんですよね。
今は家族が増えてラムちゃんも今まで以上にきっと幸せですね犬(笑)

>ノアちゃんは、本当に幸せ者ですね!!
そんな風に言って頂けるとても嬉しいです顔(笑)
でも、ホント、サボが自分のことと同じように、いや、それ以上にノアのこと必死で考えてあげないと、
誰が他にそうしてやれるんだ、って思うんです。
ワンコの幸せはホント、飼い主の気持ち1つにかかってると思うんです。
せっかくサボのとこにこんな可愛いノア(←親バカうざくてすみません)が来てくれたんだから、
ウチに来て幸せだとノアには感じ続けて欲しいと思います。
吉祥寺、是非いらして下さいるんるん
オフ会とかでもご一緒出来たらいいですね喫茶店


四葉kote-loveさま
初コメントありがとうございまするんるん
いつも読んでくださってるんですね、とても嬉しいです顔(笑)
文章がうまいワケでもないのにやたら文章が長いサボのブログ、
それでも読んで共感して頂けるなんて、
幸せなことだと思っています。
kote-loveさんのおウチには13匹もワンちゃんがいるんですね犬(笑)犬(笑)犬(笑)
お世話も大変そうですが、にぎやかで毎日楽しそうですね!
多頭飼いの方にとってもやっぱりキャバリアは人懐っこくて可愛いんですね。
サボもすっかりノアには魅了されてしまっています顔(メロメロ)
これからもウザイほどにノアへの気持ちを綴っていく予定ですので、
また遊びに来て頂けると嬉しいです目
Posted by サボ at 2010年03月18日 21:33
こんにちは。
私も一人暮らしでキャバリアを飼ってます。
私もいつも今ロコ(名前です。)は何してるかな?なんて考えます。
たまに〜ごめんね。って思う事もあるけど・・・。そう思っていつも急いで帰ると、何かしら、いたずらをしてくれてます(涙)だからいつもロコとお互い様だねっ。てわらっってます。一人暮らしで犬を飼う(とくに未婚女性には)とは冷たい目で見られることがほとんどですが、うちは量より質でロコに沢山最上級の愛情を与えてます。


ちなみにノアちゃんうちのロコとそっくりです!!
Posted by ロコママ at 2010年07月05日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2002848
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック