2011年12月06日

【今年もドッグドック】4歳の健康診断

先週末のことですひらめき

土曜日、雨の中ですが、ノアさんと年に一度のドッグドック、健康診断に行きました犬(足)
DSC01861.JPG


〜関連記事〜
どうしてもはっきりさせておきたかったこと 〜初めての心臓検査と過保護な理由〜
(1歳の健診)

初めてのドッグドッグ -年に一度の健康診断-
(2歳の健診)

今年もドッグドッグ -年に一度の健康診断-
(3歳の健診)

少々過保護かもしれませんが、ノアは年に一度、健康診断を受けています。
季節は何となく年末。
今年1年どう過ごせたか、という意味も込めて年末受けることにしています。
健康なうちから健康診断を受ける理由としては、
検査をすることで、もしかしたら表面化していない問題を先に潰せる可能性があること、
結果は何でもなくても、可能な限り、問題のないうちから
ノアの健康状態を数値化して把握しておきたいと思っているからです。


もしどこか気になる症状が出てから検査しても、
健康な状態の時にどこがどんな数値だったかわからないというのは
治療を決めるのに心もとないデータだと思うのです。
具合が悪いことはなるべく考えたくないけれど、
健康と思える時からその数値の推移を把握しておくことは安心感にも繋がると思います。

結果から先にお伝えすると、今年は二重丸わーい(嬉しい顔)
今までで一番よい診断結果を頂けました。

DSC01858.JPG
血液検査のため、朝ごはんがもらえなかったノアさん、
一応前日24時までは食べてもOKだったので、夕飯の後さらにお夜食も食べたんですが顔(ペロッ)

立ち合いの健康診断を受けられるのは午前診療が完全に終わってからのお昼休み。
DSC01859.JPG
例年、13時を過ぎないと順番が回ってきませんが、今年はむしろ雨だったおかげで
待ち時間はほとんどありませんでした。

検査項目は以下の通り目
・触診
・聴音
・血液検査(赤血球・白血球・血小板・電解質・生化学検査)
・尿検査
・レントゲン
・エコー+心電図(胃・心臓)


今までも特に問題があったワケではありませんが、
ノアはこれまでの健康診断で2つの問題の種がありました。

・2歳の初めての健診で胆泥の発見
詳細はコチラ⇒健康診断の結果
※単体では、偶発的に検査で発見されるものでそれ自体には問題がないとされています。

・3歳の健診でわずかに尿結晶の発見
詳細はコチラ⇒今年もドッグドッグ -年に一度の健康診断-

そして、
今回の検査でこれらがすべてクリアになっていました!Clap

出ていた症状が年齢を重ねて改善されたこと、
「体質」と言われたことにめげずに改善に取り組んできたことが
数値に表れて結果に結びついたこと、これ以上嬉しいことはありません顔(笑)

取り組んできた、一番大きな対策はやっぱり食事。
DSC01971.JPG
(ドライフード:ナチュハーSUPREME+野菜スープ+ラム生肉+サンマのお刺身+レバー)
胆泥単体の原因は、「脂肪」が関係することが多いと言えるそうですが、ノアは太っていない。
にも関わらず、他に症状がないのに2歳で胆泥があるというのは「体質」と言われていました。
(病気が伴う場合は、胆泥は肝機能の影響であることが多い)

サボが自分で調べて思ったのは、それなら「脂肪の質を改善するのはどうか」ということでした。

ノアの胆泥、体質であったとしても、どうかサラサラの胆汁になって欲しい、
そう思って以下のことに取り組みました。

モットーは・・・
体質って言われたって諦めない!

具体的には・・・
・脂質を動物性脂質から魚油への割合増加
・過酸化脂質の排出(=SODプロポリスサプリの摂取)
・過酸化脂質の分解(ラム肉の摂取)

※ラム肉は過酸化脂質の分解と共に、42〜44度以上の体温でないと脂肪を溶かさないため、
ワンコの体温でも脂肪を吸収しづらいと言われています。
ノアはドライフードもラム肉メインですが、
過酸化資質の分解については、そもそもドライフードにしたラムにその効果があるかは
不明です。
(ご存知の方いらっしゃったら教えて頂けると嬉しいです。)

ちなみに、ホリスティックケアの観点から、魚油(DHAやEPA)は健康にいいとされていますが、
同時に、魚の油は体内で酸化して過酸化脂質になりやすいので、
抗酸化作用のある物質との摂取が望ましいとのことです。
(TwitterからMかさん、情報ありがとうございます!)

DSC00671.JPG

抗酸化と言えば、ノアがカイカイ対策で取り入れてるSODプロポリス、
(過酸化脂質はアトピーの原因とも言われてます)
こちらは過酸化脂質の除去にも効果があるので、我が家はそちらを続けています。

(わずかな)尿結晶への対策としては、
・水分多めの摂取、排尿の促進
・野菜スープを作る際に、ストルバイト結石になりやすいシュウ酸を含む野菜は
一度ゆで汁を捨てる。
(キャベツのこと。さらにシュウ酸が強いほうれん草は下ゆでしたものをスープに混ぜる)

これらを地道に1年続けて、それらの成果だったのかは定かじゃありませんが、
ノアの症状予備軍は今回きれいに改善されていました。

※繰り返しになりますが、これらのことも具体的にノアに何かの症状があった、
というワケではなく、診断でたまたま見つかったもので、
健康にはとりあえずの影響はないものと言われています。

2歳、3歳の健診、治療が必要なものでないにせよ、数値や画像に表れた多少の兆候、
知っていたいと思いながらも、正直今年も、受ける前は多少の不安がありました。

でもやっぱりこうして、時間がかかっても、改善出来たことが
健診の結果を受けてケアしたことのおかげだとしたら・・・

早めの健康診断のおかげかな、と思い、これからも定期的に健診を受けることを
我が家は続けていきたいと思います。

心エコー、今年は特に気にしていた脱臼・腰痛、関節系もにも問題がなく、一安心です。

DSC01941.JPG
うんうん、サボも清々しいよ!
ノアが健康でいてくれることが何よりもありがたいこと。

ひとまず、今回はノアの健康診断の結果に何も問題なかったことをご報告出来て、
サボ&ノアとても嬉しい気持ちですわーい(嬉しい顔)

長くなってきてしまったので、この1年のより詳しい健康対策とそのロジックについては、
今月中にどこかでまとめてアップしようと思いますひらめき
(需要はないかもしれませんが・・・)

〜診断料の覚え書き〜
再診料¥1,050
血液検査(赤血球・白血球・血小板)¥3,150
血液検査(電解質)¥1,575
血液性化学検査(一項目) ¥525×10=¥5,250
尿一般検査 ¥2,100
レントゲン ¥5,250
超音波検査(心機能一般)¥5,250
超音波検査(腹部一般)¥5,250
処置:肛門腺 ¥525

小計¥29,400
健康診断パック割引-20% ¥5,565
合計¥23,835

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています演劇
今年もあと少しありますが、無事に今年の健康診断を終えたノアさんを応援して頂けるとサボも嬉しいです猫(足)

※これらの改善策は、得てきた情報からあくまでサボの観点から選択してきた方法です。
また、それらが直接的に改善に繋がったどうかまでは定かではありませんので、
ご理解ご了承頂けますようお願い申し上げます。

ニックネーム サボ at 23:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康&通院履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
犬を飼われている飼い主として、とても素晴らしいと思います。

犬だからとおざなりにせずに、そのように検査し、改善する努力は尊敬します!!
我が家もキャバリアなので、やはり心臓の事がなにより心配事ですし、今はまだ元気でも検査していく必要性を感じました。
Posted by ペコジョイパパ at 2011年12月07日 13:21
ドッグドック 大切ですよね。予防することは結局は早期発見早期治療ですよね。
私も先日行った病院でサーモンオイルなどはダメだと言われて亜麻仁オイルやシソ油をすすめられました。体に酸化したオイルを入れるのが一番体に悪いとのことで。
こうやって地道に日々の食事を気をつけることが本当に一番の手当なんじゃないかと思います。
そうそう我が家もドッグドックはフィラリアの血液検査頃に一緒にする予定です。
キャバリアの場合はレントゲンで心臓の大きさを見てもらう事も大切ですよね。
Posted by chiemom at 2011年12月08日 08:21
アリガトコメントありがとうございましたアリガト

四葉ペコジョイパパさま
お返事が遅くなり申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)
そんな、素晴らしいだなんてとんでもないです〜〜〜。
健康診断は健康な時の状態を把握しておくのにやはりとても大事だと思います。
体質などもわかりますしね。
我が家は習慣になりましたよー。
おかげで改善出来た点もありよかったと思いますひらめき


四葉chiemomさま
お返事が遅くなり申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)
ドッグドック、やはり1年に一度受けておくと安心かな、と思います。
過酸化脂質はやはり気になるポイントですよねダッシュ(走り出すさま)
ノアは、魚の過酸化脂質も気になりつつも、
他でいい作用があるみたいなので、
今は(なるべく天然の)魚の摂取を続けていこうと思ってます魚
(過酸化脂質を排出できる環境があるのが前提ですが)
我が家は何となく年末に受けるのが習慣なのですが、
フィラリア検査の時に一緒に受けるのもいいですね。

Posted by サボ at 2011年12月31日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2958850
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック