2011年11月06日

【10月総括】ハロウィンにかけた情熱 〜ジャック・オ・ランタンに魅せられて・・・

今日は雨の1日でしたいい気分(温泉)

ノアとのんびり過ごして・・・
11月に入って初めての週末、静かな週末。
雨の音が聞こえるほどではなかったものの、しとしと降る雨が
街を静かに包んでいるようでした雨

悪くない、こんな週末も悪くない、
そんな風に感じながら、怒涛のように過ぎていった10月のことを思い出していましたひらめき

今年の10月は・・・
ノアとの出会いの記念日(10/7)も、ノアのセカンド・バースデー(10/13)も記事にせず、(笑)
ただひたすら、『ハロウィって』お届けしたこちらのブログ・・・
(家ではもちろんお祝いしましたよプレゼント)

「あのブログは一体何をそんなにハロウィってるのだ??」
と思った方もいるかもしれません顔(イヒヒ)

今日はサボ×ハロウィンのエピソードを少し・・・今さらexclamation&question
(しかも、少しと言いつつ長いです、すみませんあせあせ(飛び散る汗))

ノアと暮らし始めて、2歳のハロウィンの時に、ノアはその名も
『カボチャ大臣』の命名を授かりました王冠
初めて『大臣デビュー』した時の記事はコチラ⇒名前入りハロウィンワンピ♪

2年前のハロウィンはまだまだサボ&ノアにとって地味なものでした。

ただ、このカボチャハットがきっかけとなり、サボ&ノアのハロウィンは
にぎやかなものになったような気がします顔(ペロッ)

魅惑のカボチャハット、ジャック・オ・ランタン・・・
CIMG9233.JPG
カボチャ大臣 LOVES ××× !?より。

去年はおかげで初めてサボ幹事でハロウィンパーティーまで主催してしまったし・・・
⇒懐かしの去年のハロウィンパーティーレポ、
リンクは完結編にしておきますので、振り返りたい方は記事内リンクからどうぞ!
『キャバリアだらけのハロウィンパーティー』【完結編】

何が言いたいかって・・・
サボは思うんです、このオレンジのカボチャ、ジャック・オ・ランタンには、
人の心をときめかす揺れるハート何かがある、って。

だって、この陽気なオレンジの愛着の持てるカボチャの丸みを帯びたフォルム、
不敵な笑みは魅惑そのもので、もう、サボはこのオレンジのカボチャを見るだけで
アドレナリンが出て来て気持ちが高揚してしまう、
このジャック・オ・ランタンにはそんな力がある、って。

DSC00006.JPG
ついにデジイチデビュー♪記念すべき最初の写真は・・・

サボが初めてハロウィンに出会ったのはもう20年以上前、
まだ、年齢が一桁の時のことでしたひらめき

当時通っていた英会話スクール(ECC)で、小学校3年生の10月。
スクールのロビーに現れた巨大なオレンジカボチャに心を奪われたことは
幼心に今でも強く覚えています。
DSC00447.JPG
それ以来、サボが関わってきたハロウィンの数々。
(ほとんど実家にあると思っていた写真、数枚だけ手元にありました)
下段左がその初めてのハロウィン、サボの初めての仮装はウサギウサギ

授業が終わり、大人のクラスの生徒さんと合流して、20人くらいだったでしょうか、
今ほどメジャーではなかった吉祥寺の街をみんなで仮装して歩きました。
もう20年以上前のことです。
子ども心にハロウィンって何て楽しいお祭りなんだろうと思いました。

上段の写真は、サボが高校1年生の時。
(学生時代の写真を今アップするのはとても勇気が入ることではありますが・・・顔(汗)
学園祭が10月にあり、「喫茶店」をやることになったのだけど、
クラスがイマイチ1つにまとまらず、当時実行委員だったサボは
「ハロウィンカフェ」にすることを提案しました。

当時はまだハロウィングッズも思うように手に入らず、全部手作りでした。
オレンジの風船を買ってきて、ジャックオランタンの絵を描いて・・・
オレンジのカボチャなんて手に入らないから
八百屋で緑のカボチャを買ってきてくり抜いて、
「中がオレンジだから、まっ、いっか!」なんて夕方の教室で笑ったことも
いい思い出です。
(わかりづらいけど、上段真ん中の写真、左下にある緑の物体がそれです)

最初は「ハロウィンって何?」という感じであまり協力を得られなかったのだけど、
準備を進めるうち、当日までにみんな「ハロウィン」に夢中になっていました。

やっぱり、「ハロウィン」には人の心を躍らす何かがある。

大人になってからは、なかなかハロウィンを楽しむ機会がなかったサボだけど・・・
「カボチャ大臣」との出会いをきっかけに、
サボはもう一度ハロウィンを真面目にやりたくなりました。
111003PICT0001.JPG
あの子どもの頃のときめきや、高校生の時に感じた一体感をもう一度。
サボの実力ではとうていムリでも、ハロウィンの魔法をかりればきっと・・・

やるならとびきり可愛いノアととびきり楽しいハロウィン。
111003CIMG1095.JPG

当時、ピーターパンの衣装を手作りしたサボは、(上の写真、下段左から2番目)
その時の気持ちでノアの衣装を準備して・・・
DSC00090.JPG
これはサボが作ったワケではありませんが、、デザインのディティールまでこだわって
初めて完全オーダーメイドしたドレス。

今年のハロウィンは、サボとノアらしい品々を集めた初のプレゼント企画プレゼント
を皮切りに・・・
CIMG9313.JPG
【カボチャ大臣presents】ハロウィン的プレゼント☆6名様大募集!より
想像以上のたくさんのご応募をありがとうございましたアリガト

スーパードッグカーニバルでもハロウィンの記念写真を撮り・・・カメラ
CIMG9393.JPG


アットホームな子どもの頃のパーティーを思い出しながら、
ハンドメイドのチョーカーを準備して
DSC00115.JPG
ご参加のワンズを楽しくお迎えしたいとハロウィンパーティーを思い描きました。

パーティー当日は、ノアは白雪姫デビューをして、
DSC00273.JPG

DSC00268.JPG
こんなに楽しい仲間ととびきりのハロウィンパーティーを過ごすことが出来ました顔(笑)
(ご参加の皆さま、改めましてありがとうございました!)

終わってみると、今年の10月は・・・あっという間で怒涛のように過ぎて行き、
「ハロウィン」を通じてたくさんのお友達とやりとりをして、
たくさんのメールに綴られたたくさんの気持ちがこもった言葉と
溢れるような思い出が残りました。

たくさんのお友達の心と繋いでくれた、
これをハロウィン・マジックと言わずしてなんと表現すればいいでしょうわーい(嬉しい顔)

もちろん、こんな楽しいハロウィンを残してくれたこと、
誰よりもこの「カボチャ大臣」に感謝顔(笑)
DSC00308.JPG
ハロウィンプレゼント企画のサプライズはこのピンクのハット+αでした、ちなみにひらめき

ハロウィンで駆け抜けた10月犬(足)
DSC00436.JPG
最終週の週末はプレゼント企画やパーティーの余韻とともにノアとのんびり過ごしました。

今はこんな格好してると子どもたちが「ハロウィンだーっ!」と駆け寄ってくれますダッシュ(走り出すさま)

大人は「ハロウィンってどう楽しむの?」と楽しみ方から構えてしまうことがあるけれど・・・
楽しみたい気持ちのままにちょっとオレンジの小物を並べて、
可愛いキャバをちょこっと飾ってみると・・・
アラ、不思議目
DSC00491.JPG
楽しいハロウィンの出来上がりです顔(イヒヒ)

来年再来年も、その先もずっと・・・「カボチャ大臣」を通じてたくさんのお友達と繋がった、
サボはきっとこのハロウィンを忘れないと思います。
DSC00173.JPG

来年はどういう規模で出来るかはわかりませんが、
またきっと、何らかの形で「カボチャ大臣」とハロウィンを楽しもうと考えています。

今年一緒に楽しんだお友達も、今年はご一緒出来なかったお友達も、
まだ見ぬ来年のお友達も・・・

2012年のハロウィンでお会いしましょうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
111117DSC00457.JPG
合言葉はハロウィって『TRICK or TREAT!』猫(足)

一人では決してこんなに思い出に残るハロウィンにはならなかったと思います。
一緒に楽しいハロウィンを過ごして下さった皆さま、心からありがとうございますアリガト
そして、来年もよろしくお願いしますね顔(イヒヒ)


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています演劇
ハロウィンバナーも見納め?今年ラストのハロウィン記事を応援して頂けると嬉しいです猫(足)
ニックネーム サボ at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

『どこでもノア』なワケ -絵は言葉以上に物語る-

今日はちょっとした思い出話です目

それはサボがまだ無邪気だった子どもの頃、
小学校に上がる時に入学祝に買ってもらった勉強机ペン

片付けが苦手だったサボは、(そこは今でもあまり変わらないけど・・・)
母に部屋を片すように言われると、
とりあえずその場しのぎで引き出しに何でも詰め込んでいた思い出があります。

それでも、机の右上の引き出しはいつも空っぽにしていた。
そこに忍ばせていたのは、小さなドラ焼き。

そう、いつかこの人が自分の家にやって来てくれることを夢見て・・・
41EN0WG18FL.jpg
学校から帰ってくると、ドラ焼きがなくなっていないか、タイムマシーンが止まっていないか、
なんてことをちょっぴり期待して、
ワクワクしながら引き出しを開けてたことを今でも覚えています。

3年前、ノアを迎えて、目も離せないほどのパピー育てがようやくひと段落着いた、
2008年のお正月、
キャバブロガーさんたちのユーモアと個性溢れる楽しい毎日の描写に憧れて、
自分もいつかブログを始めようと思っていた1つの目標を実現。

ブログのタイトルはどうしようかと思って、ふとひらめいたのが
『どこでもノア』というタイトルひらめき
89E6919C010220169[1]-1.jpg
パピーの頃、まだワクチン接種も終わっていない時期からノアは出かけるのが本当に好き犬(笑)
ノアの成長するサイズに見当が付かず、まだキャリーバッグがなかった頃。
病院に行く時はこんなレスポのバッグに入れて自転車に乗せていました。

文字通り、『どこでもノア』と一緒に行きたい、ノアを通じて新しい世界と繋がりたい、
一緒にいない時でも『どこでもノア』を思っていよう、
いろんな思いを込め、そして、何より子どもの頃、待ちこがれた「ドラえもん」への思いを、
新しく始める自分の世界に忍ばせられる、そんな理由からブログタイトルを迷うことなく
『どこでもノア』に決めました。

そんなエピソードを思い出さずにはいられない、こんな嬉しいものを先日頂きましたプレゼント
ジャン!!
CIMG3929.JPG

ジャジャーン猫(足)
CIMG3932.JPG

作者がわかる方はキャバリアブログ通exclamation&question
(えっと・・・どちらのブログ名でご紹介しようかな)

ご存知、『☆CawaiiCavalierClub☆〜カワイイ・キャバリア・クラブ〜』
エルメパパさんからこんな素敵な絵を頂いてしまいました顔(ペロッ)

「どこでもドア」がたくさん!
ノアはトレードマークの麦わら帽子!!
もうこのセンスがたまらない顔(メロメロ)

上で説明した由来がどうでもよくなるくらい(笑)、この1枚にすべてが集約されていますひらめき
すごーい、どうしたらこんな可愛い素敵な絵が思いつくんだろう・・・
この絵を見た時の感動を表す言葉が見当たらないのが悔しいくらい。

しかも、エルメパパさんらしいこのユーモア目
小さなドアからは、
CIMG3937.JPG
海辺にひょっこり現れるノアさん、
さらには、エッ、エジプトーーーーーexclamation&question飛行機

もうこうなったら「どこまでもノア」ですな顔(イヒヒ)

実は、この前週のオフ会で、エルメパパさんからノアの絵を描いてくださると
予告を頂いていたサボ。
(その時披露された名作はキャバリアパピーとご対面 -新しい命&アートな飼い主さんたち-でご覧頂けます)

遠慮がないサボは顔(イヒヒ)「わぁ、楽しみぃ」と、1週間ワクワクして待っていましたるんるん

細部までエルメパパさんのアーティスティックなこだわりが施されたこの作品。
CIMG3940.JPG
「どこでもノア」のフォントに注目目

見覚えのあるこのフォントは・・・
dorafont.JPG
そう、「ドラえもん」フォントを再現Clap
しかも、鈴がちゃんと肉球になってるしーーーー犬(足)
サボ、「ドラえもん」フォントなんてものがあることもこの日初めてエルメパパさんに
教えて頂きましたひらめき

エルメパパさんの絵は、上手とか似ている、というだけじゃなくて、
優しさに溢れ、ウィットに富んでいて、本当に素晴らしい絵に大感激顔(笑)
CIMG3942.JPG
ノアからもお礼申し上げますアリガト
毎日眺めてニヤニヤさせて頂いています顔(イヒヒ)

サボのブログタイトルへの思いがすべて詰まった、とも言える、とても素敵な絵、
エルメパパさん、本当にありがとうございます!!

今年もあと少し、来年も、その先もずっと・・・
CIMG3944.JPG
『どこでもノア』と歩んでいきたいと思います犬(足)
いつかはきっとエジプトにもね顔(イヒヒ)


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています演劇
とても素敵なクリスマスプレゼントを頂いたサボ&ノアを応援頂けると嬉しいです顔(笑)
またこうして家宝が増えていきます〜王冠

※著作権スレスレなので、画像のいくつかは削除するかもしれません・・・顔(ペロッ)Read More
ニックネーム サボ at 12:22| Comment(12) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ベビーノア写真館♪ -あの頃キミは若かった!?-

今日は朝からシトシト冷たい雨です雨

昨日はあんなにあったかくてさわやかな小春日和だったのに晴れ
せっかくの週末が2週連続雨だなんて残念な気持ちですふらふら

とは言っても、こんな日はノアさんとあったかくしてのんびりまったりいい気分(温泉)

片付け物をしている最中に、ふと見つけてついハマってしまうのは、古い携帯電話目
過去の携帯電話というのは、きっと何よりもその時過ごしていた当時の言葉や気持ち、
表情が詰まっていて、ワクワクドキドキ揺れるハート、そしてちょっぴり気恥ずかしい、
思い出の小箱のようなもの携帯電話

今回サボが見つけてしまったのは、ノアがウチに来た当時に使っていたものでした。
まだ小さかったノアの動画を見ながら「うわぁ、ちっちゃかったんだねぇ」なんて、
初めての子犬育てに奮闘していた頃の自分も懐かしく思い出してしまいましたひらめき

そんなこんなで、本当は、動画をアップ出来たらよいのですが、携帯の動画をPCでアップする方法がわからないので、
今日は懐かしのベビーノア写真特集ですカメラ

以前からこちらのブログを見て頂いている方には「これ見たことあるよ〜」
なんてものも(多数・・・)あるかと思いますが、悪しからずでお願いします。
m(__)m

生後80日のノアさん犬(足)
PICT0003 2007-10-27 8-41-00.JPG
オスワリ練習中の頃。

やる気のない感じが、今にして思えば、ノアらしいと言えばノアらしい・・・

ちなみにノアは、ウチに来てから10日くらい「リリー」という名前でした。
(ノアがノアと名付けられた詳しい経緯についてはコチラからどうぞ←早速写真の使い回しがバレちゃうあせあせ(飛び散る汗))

PICT0003 2007-11-08 22-01-00.JPG
「フセも出来るようになりまちたるんるん
毛がホントに短いねー揺れるハート
(尻尾細っ!)

この頃は朝家を出て、帰ってくるとノアが大きくなったような気がしていました。
ノアの成長のスピードに比例するように、
サボのノアに対する気持ちも加速度的に増していた頃。
こんなに可愛い生き物が世の中に存在するだなんて!顔(メロメロ)

サボとノアは家でほぼ1対1ということもあり、お互いに慎重に距離や
性格を掴もうとしていたことが懐かしい。(笑)
例えていうなら、付き合いたてのカップルのようなものでしょうか顔(ペロッ)

それにしても、サボはノアに出会って、好きでノアを家に迎えたけど、
ノアにしてみれば、突然知らない家に連れてこられたワケで・・・
どんな家かも、どんな人かも、どんな暮らしになるかもわからず不安だったんじゃなかろうか。
今にして思えば、「最初が肝心」とばかりに意気込んでしつけず、
もう少しのんびりおおらかに育てればよかったなぁ、と思います。

PICT0003 2007-10-29 21-36-00.JPG
子犬の頃はめったにお腹を見せることがなかったので、貴重な1枚ひらめき

ところでノアさん・・・

生後90日、月齢にして3ヶ月バースデー
PICT0003 2007-11-10 16-47-00.JPG
今もお気に入りの赤いクッション猫(足)
今はどんなに体を縮めてもはみ出してしまいますが・・・顔(イヒヒ)

赤ちゃんなのに随分と・・・

PICT0002 2007-11-14 20-44-00.JPG
お洋服がだーいっキライだった頃。
サボも初めてワンコに服を着せるもので、何がよいのか試行錯誤ダッシュ(走り出すさま)
結局このタイプのキャミワンピが一番着やすいことがわかって、
今もノースリーブのお洋服がほとんどです。


顔が濃かったんですね顔(ペロッ)
(* ̄m ̄)

PICT0003 2007-11-04 18-48-00.JPG
以前のプロフィール写真。
気に入っていたけど、さすがに若作りなので、今の写真に変更しましたひらめき

そうなんです、この頃はサボもあまりたくさんの子犬のことを知りませんでしたが、
月齢2〜3ヶ月ってまだお顔が子どもっぽくて目鼻立ちもふんわりしているのに、
今にして思えば、ノアさんの顔はずいぶんとはっきりしている・・・

月齢3ヵ月半、生後にして約110日。
すでにくっきり眉が・・・
PICT0004 2007-11-25 23-54-47.JPG
サボも初めてのデジカメデビューカメラ
ノアの写真をよりきれいに撮りたいと思って、デジカメを購入した頃。
そうなんです、これより以前の↑↑写真は全部携帯で撮ったものなんですよね。
あー、ほんと、赤ちゃんの時の写真が少なくて残念!
(これから子犬を迎えられる方、デジカメは必須ですよ!)

サボがブログを始めてよかった、と思うことの1つは、
たくさんの写真を撮るモチベーションになるということ。
サボの場合、きっかけがないとなかなか動けない性格なのでなおさらです。
サボはきっとそれでも少ない方で、月にして平均500〜600枚くらいです。

この頃はなんだかプクプクで今よりまん丸なノアさん。
お耳の毛もカーリィでパピーらしい。
そして、3頭身と言われるほどお顔が大きかった・・・

あれから2年ちょっと経って、ノアはこんな立派なレディになりました犬(笑)
PICT0006 2010-03-01 15-53-27.JPG
アレ?顔が薄くなったのでは・・・?顔(ペロッ)
(そして顔の大きさがほとんど変わってないというウワサ・・・)

小さい頃はそれはそれはやんちゃで一瞬も目が離せないほどおてんばだったノアさん。
毎日必死だったので、はっきりとは覚えていないのですが、
どうやら今日見つけたその当時のサボの携帯のメールによると、
そんな子だったようです。^^

ちょっと話は反れますが、パピーの頃のトイレトレーニングは、
それなりにサボも苦労して、あっちこっちでオシッコをするので、
1日3回くらい洗濯機を回している時期もありましたTシャツ
(オシッコの匂いをトイレと決めた場所以外に絶対に残さないのがサボのポリシーでした、
ノアが失敗するなら、それはサボにも原因がある、ノアが失敗する理由を
少なくともサボが思いつく範囲では作らないようにしていました、)

まぁ、でもノア(犬)にしてみればそんな習慣はそもそもないのに、勝手にトイレの場所を決められて、
そんな簡単にはいかないだろうと思っていたので、特にサボのストレスはありませんでしたが。

最終的にはノアが一番しやすい場所をトイレにすればいいや、くらいの気持ちでいたのですが、
幸い、ノアはサボがトイレと決めた場所にちゃんとしてくれるようになりました。
(暮らすうちに気づいたノアのキレイ好きな性格。詳しくはコチラ)

月齢4ヶ月の頃。
PICT0002 2007-12-06 8-30-00.JPG
ケージトレーニング中。
これは本当にうまくいかなくて、結局ケージなしで生活するようになったノアさん。
考えてみれば、サボは平日は仕事で半日いないから、帰ってきたらベッタリ甘えたい気持ちも今ならよくわかります。

ノアは別に世に出て仕事をするワケでもないので、
(もちろんよそ様に迷惑をかけないことは前提で)
そんなにお利口さんじゃなくてもいいと思っています。
まぁ、それでもノアはけっこうお利口さんに育ってくれましたが。
(エッ、親バカうるさいexclamation&question)

特別なことは何も出来なくてもいい、手がかかる子でもいいから、
心身ともに健やかでさえいてくれれば、それが何よりの親孝行なのです。
PICT0004 2010-02-28 16-37-25.JPG
「それなら得意だワン」

ノアさん、2歳7ヶ月おめでとうバースデー
毎月6日は『ノアの日』です犬(笑)
(ひな祭りに随分サービスしたから特にプレゼントはないんだけど・・・)

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています演劇
IT不器用なサボが初めて長年苦戦していたブログのヘッダー作成に成功!
見様見真似で自分で背景の色なども変えることが出来て感動もうやだ〜(悲しい顔)
ウサギ応援頂けると嬉しいですウサギ


ニックネーム サボ at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

金木犀の香る季節に

子どもの頃から金木犀の匂いが大好きで、夏が過ぎて少しさみしくなるけど、
さわやかな風がこの匂いを運んできてくれて、そして心が弾んで、
新しい季節の訪れにワクワクする。

そんな大好きな季節にサボはノアに出会いました。

散々既出のこの写真、でもまだ出番が来ると思います。
1007PICT0001.JPG

ノア、生後2ヶ月と1日、去年の10月7日にサボはノアに出会いました。

ノアを迎えてからもキャバリアの子犬がいるとついつい気になって覗いてしまいますが、
今思えば、ノアの顔、生後2ヶ月の割に随分とはっきりしていたんだな、
としみじみ思います。

キャバリアのブレンハイムの女の子を家族に迎えたい、
そう決めてから2ヶ月くらい経った頃。

そう思えば、サボがキャバリアを迎えたいと決めた日は
ノアの誕生日と数日しか違わなかったと思うと、
これもまた何かの運命だったのかもしれません。

1年経って、ノアはこんな風に成長しましたひらめき
1007CIMG5789.JPG
「今日はなんの記念撮影だワン?」
↑記念日だらけのサボ家。(笑)

何か言いたそうな顔は1年前から変わっていません。(笑)

キャバリアを飼いたいと決めてから、ブリーダーさんのところに訪れてみたり、
都内のいろんなペットショップに訪れてみたり、ネットでもいろいろ探してみたけど、
なかなか運命の出会いを果たせずにいて、途方に暮れていた頃、
何も急がなくてもいいし、年内いっぱいを子犬探しに費やすつもりでいました。

人気のブリーダーさんでは目が開く前に買い手がついてしまうというけど、
素人のサボには目も合わせたことない子犬を選ぶことは出来なかったし、
名門のショップでは40万〜(exclamation×2)なんて言われて手も足も出ない・・・

そこで何となく訪れてみた、サボが子どもの頃にチワワとヨーキーを迎えたペットショップ。

キャバリアがいるかどうかも問い合わせず、
ただ何となく訪れた時に出会ったのがノアでした。

今にして思えば、ノアは誰にでも「超」がつくほど人懐っこいキャバリアですが、
そんなこと、当然知らないサボは、抱っこしてやたら懐っこいノアに、
目は多分ハートマークになっていたことでしょう顔(メロメロ)
「この子、アタシのことが好きなのかな」
と素人の(?)サボが勘違いしたことは言うまでもありません。

1007aPICT0003.JPG
「作戦です、ウシシ揺れるハート

ケージに戻ればドナルドのぬいぐるみを咥えて転がる元気な姿が微笑ましく、
でも即決は出来ないタイプなのでその日は「ちょっと考えます」
とペットショップを後にしました。

1007PICT0002.JPG
「フムフム、それでー?」

それでも、なんとなく舞い上がっていて、相方さんや(注・サボは芸人ではありません)
友人に、相談という名の、「誰かアタシの背中を押して!」的、自分への説得を開始しました。

多分、この時すでにサボの心は決まっていましたが、
気になっていたのは、やはり遺伝のこと。
キャバリアの心臓のことでした。

2ヶ月の子犬でそんなことわからないかもしれないけど、
正直にサボはそのことをショップの社長に問い合わせてみると、快く
「提携病院で検査してからお渡しします」
との返事を頂きました。

検査して頂いて、異常なしとすぐに連絡が来て、
その日、たまたま仕事が早く終わったので、お店に連絡して
「これから見に行ってもいいですか?」と訪ねたところ、
すでに「商談中」との札が貼ってあってサボは笑ってしまいました。
でも、同時にそのお店の社長の心遣いが嬉しかった。

こういうのも商売上手って言うのかなぁ。
でも、買うとも決めてないのに、予約にしてくれているその気持ちが嬉しかった。

社長も出てきてくれて、「そんなに気に入ってくれるなら・・・」
と値段(という言い方はしたくないけど)にも便宜を図ってくれると言ってくれた。

先代犬たちを迎えたこのお店だし、これも何かの縁だろう。
でも、決めたとはいえ、本当に子犬なんて育てられるのかなぁ、
お留守番もあるし、もう少し月齢が上の子を迎えた方がいいんじゃないの?

いろんな想いがぐるぐる回ったけど、サボの心のEnterキーを押した時に出てきた言葉、
決意を込めてサボは言いました。
「この子に決めます」

その日に決めるなんて思ってもいなかったので、
とりあえず、少しの間、ノアを預かっててもらうことになりました。
金木犀の匂いに胸を弾ませ、新しい家族になる、まだ名前も決めていない
キャバリアの女の子に思いを馳せてサボは家路に辿り着きました家

準備が出来るまで、それこそ1ヶ月でも預かっててくれるって言ってくれたけど、
お金も払わずにそんなのなんだか悪いし、
それより何より翌日には、「貴重なパピー時代を1日でも多く一緒に過ごしたい」
という思いに変わっていました。

もうこの時すでにサボの心にノアの居場所は出来ていたんだと思います。
犬が人の心を掴む力の大きさを、この時サボも感じ始めていました。

そして結局その週の週末、10月13日にサボはノアを我が家に迎えました家

金木犀の香る季節、サボが大好きなこの季節にまた1つ、
愛しい特別な意味が込められることになりました。

いろんな偶然が重なること、それが運命なのだとサボは思います。

10月7日、それがサボにとって新しい運命の始まりになったように思います。

1007PICT0003.JPG
「話はもうその辺でいいですか?」
↑カートトレーニング、お出かけ待ち中ダッシュ(走り出すさま)


長くなりましたが、サボ&ノア出会いから1周年の記念日に
ポチッと頂けると嬉しいです猫(足)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
↑ランキング参加中〜演劇

ニックネーム サボ at 21:47| Comment(6) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

ノアという名前の由来

書こう書こうと思って、ずっと書いていなかった、
ノアの名前にまつわるエピソード、
お盆休みとノアの1歳記念に今日はこちらをテーマにしたいと思いますひらめき

0814PICT0001.JPG
ノア、生後2ヶ月と1日。

サボはノアを迎えると決めて、まず名前を決めなければ、
といろんな名前に思いをめぐらせました。

こんなに迷ったことはない、というくらい、本当にいろんな名前を考えました。
だって、この先ずっと呼び続けるワケだし、名は体を表す、って言うし、
やっぱり名前は大事。

0814aPICT0001.JPG
小さなケージは畳んでもうベランダに置きっぱなしですが、
当初はこれでも大きいかな、と思うくらいノアも小さかったです。
体重も1.5kgくらい。

20個くらい考えた中から最終候補に上がったのがこの3つ。
@ペコ
《理由》

顔がペコちゃんみたいだから。
響きが可愛い。
イギリスの犬だから紅茶?ORANGE PEKOEから取りました。

Aリリー
《理由》
可憐な子に育ちますように、とユリの花を英語にしたリリー。

Bアミ
《理由》
フランス語で友達、という意味。
これが書いてあったのは、サボが高校時代に初めてハマった文庫本、
村上春樹の「ノルウェイの森」。
大好きな小説と言葉の意味から候補にしました。

他、音楽好きなサボは音が香ると書いてカノン、
イギリスのサッカーチーム、チェルシー、
など、いろんな名前が候補に挙がりました。

ノアがない、って突っ込みには後ほど説明させて頂きます。
↑↑の写真を友人たちに一斉に送り、上の3つの名前から投票を行いました。

ペコとリリーが優勢。
そして、先代犬のチワワ、メリーの名前に近いこと、
可憐な女の子に育って欲しい、と願うサボの気持ちから、
我が家に迎えた翌日にノアの名前はリリーに決定しました。
(なんだかすごく変な文章・・・)

ノアを迎えた頃の日記でもお伝えしましたが、
ノアは落ち着かせようとケージに入れればクンクン鳴いて、
出せばスイッチが入りっぱなしのオモチャのように
ちょこまかちょこまか動きっぱなし、
オモチャを咥えて頭をブンブンに振るおてんばな女の子でした。

ペットショップではおとなしかったんですけどね、
家が決まって本性が出たexclamation&question
赤ちゃんの頃から内弁慶な子です顔(イヒヒ)

画像 001.jpg
とにかく止まっていることがなくて、
この頃の記録は写真ではなく動画ばかりであまり残っていなくて残念ふらふら

動きっぱなしのノア(リリー)の名前を呼ぶのですが、
サボの声も響きやすい上に高い、ということもあって、
リリーという響きに勢いがついてしまって、余計に興奮する様子ダッシュ(走り出すさま)
早口で「リリー!」と呼ぶとなんだか尚さら勢いが増すみたい・・・

寝ている時はおっとりしていてとても可愛らしい・・・
(あっ、もちろん、おてんば姿もとても可愛いですよ)
0814PICT0003.JPG

ウチの子になって1週間、ノア(リリー)の寝顔を見ていてふと浮かんだ「ノア」という名前。

ノアの方舟、とか言われがちな名前の由来ですが、
意味に実はこだわりがなく、ノア(リリー)と1週間暮らした印象、
優しい子に育って欲しい、呼ぶ方も穏やかに呼べる語感の名前がいい、などという思いから、
ノア(リリー)の名前はノアに改められました。

正直、すごい迷ったんです。
一度はリリーと呼び始めてしまった名前。

サボの考えを相方さんに説明して相談した際、
「まだ間に合うよ、変えるなら今だよ」
と後押ししてもらい、ノアはこうしてノアになりました。


この頃はまだ部屋中にトイレがありました。
0814PICT0004.JPG
ノアになったノア、なんだか顔も落ち着いて見えませんか?

0814PICT0002.JPG
ノアという名前、早口なサボも、きちんと発音しようとおもうと
早口にならないので、呼ぶ方の気持ちも穏やかになり、
サボは「ノア」と名前を呼ぶのが大好きになりました。


おかげさまかどうか、ノアは穏やかで優しい子だと言われるようになり、
やはりあの時、思い切って決断してよかったと思っています。
0814abPICT0001.JPG


想像と実際に暮らしてみて感じる印象はまったく別のものである、
ということも思いました。


今では名前を呼ぶとお散歩中でもちゃんと振り返ってくれます。
0814PICT0006.JPG
「呼んだ?」

ノアも自分の名前を気に入ってくれてるといいな。
少なくともサボはとても気に入っているノアという名前です。
そして、他の名前なんて考えられないくらい、ノアはノアだと思っています。
0814PICT0007.JPG
「ノアでするんるん

みなさんのワンちゃんの名前のエピソードもお伺いしたいです顔(笑)


今日もお付き合い頂きありがとうございました犬(笑)
お帰りの際にポチッと応援頂けると嬉しいです猫(足)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
犬ブログランキング《キャバリア》参加中演劇
ニックネーム サボ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

チビノア3連発

画像 015.jpg
初お洋服の頃です。ブティック

まだベッドに登れなくて、飼い主に早く上げろと要求しています。

画像 012.jpg
「オイーッexclamation×2

画像 014.jpg
「ゴルァ!」

まぁ、怖い、ノアさんったら・・・(;@_@)

3枚目のこの写真は昨日ちょっと触れた
興奮するとノアの「耳が開く」様子がわかる数少ない写真です。
耳がこんな風に上がって後ろに向きます。
風にでも吹かれてるみたいでいつも不思議。

今日は雪でさすがにお散歩には行けずでした。雪

物好きな飼い主は、雪体験をして頂きたく、
一応完全武装でノアと外に出てみましたが、
逆にノアに「これ、行くの?本当?」と困った顔をされ、
いきなり引き返したので諦めました。
帰宅後もいつもはお散歩要求するのに今日はありませんでした。
外の様子がわかるのかなぁ?

〜オマケ〜演劇
こちらも3ヶ月の頃の写真です。
日曜の午前中に平和にテレビ鑑賞。

確か、番組はアニメ「ワンピース」手(チョキ)
携帯画像 064.jpg
「冒険の旅に出るワンねー☆」

好奇心旺盛、でも初めてのことには意外と慎重なノアに
応援クリック頂けると嬉しいです顔(メロメロ)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム サボ at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

パピーパーティーでのこと

画像puppy2.jpg
こちらは去年の11月の写真です。

ノアさん、月齢にして3ヵ月半です。

ノアが他のワンちゃんが苦手そうなのは、
動物病院などでなんとなく感じていました。

でも、他のワンちゃんたちと遊べた方が将来的に楽しいかもー、
と勝手に思って、善は急げとノアさんをパピーパーティーへと
お連れしてみました。

他の飼い主さんたちと情報交換出来るサボのためでもあります。

手探り状態だったしつけのポイントを、
改めて訓練士さんから教えてもらえたこと、
客観的に見たノアの性格やクセなども教えてもらえて
大変参考になりました。

肝心のノアさんの様子は・・・
画像puppy3.jpg
「ここなら安全でしゅ、サボしゃん、早く抱っこしてくだしゃい」

アレ?ノア?どこ?
って椅子の下でこっそり様子を伺っていました!(笑)

それでもパーティー中盤では、
他のワンちゃんとご挨拶も出来るようになりました。

画像 032.jpg
「ノアでしゅ、仲良くしてくだしゃい」

画像puppy1.jpg
最後の障害物競走では、2等賞になって、
オヤツもいっぱいもらえて大満足のノアさんでした。

こんな思い出があるので、最近のドッグランでのノアの様子
成長が感じられて嬉しく思っています。

今でも尻尾はINして振りながら他のワンちゃんに近づき、
飼い主さんたちにはちょっと不思議がられるノアに
応援のクリック頂けると嬉しいです演劇
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム サボ at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

お出か犬になった日

画像0102 169.jpg
「これに入って出かけるワンねー」

ワクチン接種の際に、初めて自転車のかごに入ったノアさん。
帰ってからもこのような感じでサボにお出かけを催促します。

きっと、待合室でも先生にも「かわいい、かわいい」と
初めて「チヤホヤ」された感覚がさぞ嬉しかったのでしょう。

そして初めて外の風に吹かれたノアさんは初めて触れた外界の空気に
興味津々になりました。

ノアは病院でワクチンを打たれようが肛門を絞られようが
おでかけが好きなワンコです。
画像 037.jpg
(表情がまだ硬い・・・@東急吉祥寺店屋上)

ワクチンプログラムの関係上、『社会化』と言われる時期は
外を歩かせられないので、抱っこや地面に付かない程度で
外に連れ出してました。

最初は怖がって震えるばかりで、
「ホントに出かけるの好きなのかな?」とも思ったくらいですが、
徐々に興味も持ち始めました。

画像 078.jpg
「おや?あれは何だ?」

銀杏の絨毯はこの後、なんとか走らせる時期に間に合いました。
画像 076.jpg

最初は一歩も歩けなかったノアさん。

画像 068.jpg
ベンチでサボが朝マックする横で、
ひたすらベンチに座り世間を眺め続けた日々。

外は歩けるようになりましたが、
それでもやはり外だと「犬」の顔になります。

画像0102 269.jpg
視線の先は・・・
「あの人なら遊んでくれましゅか?」

これからもいっぱい一緒にお出かけしようねるんるん

(あまり他人に飛び付かないで頂けると助かります・・・
そして、他人が去ってから、サボにお尻を向けて悲しそうに
鳴かないで頂けるとさらにありがたく・・・)
↑飼い主、心の声


犬ブログランキングに参加しています。
応援ポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ





ニックネーム サボ at 23:06| Comment(4) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

眠れぬ森の子犬の話

携帯画像 076.jpg
「子犬は1日20時間くらい眠ります」

とは育児(犬)本で読んだお話。
なるほどー、それならこの怪獣具合もせいぜい1日4時間程度。
と安心したのも束の間。

ノアは寝かさないと寝ない子でした。

画像0102 167.jpg
5ヶ月になった今の方がマイペースに寝ているくらいです。

迎えた当初は毎(早)朝5時起き、
付き合い始めの男女のように、お互いの生活のペースを把握するのには
少々時間がかかりました。

アレレ?ノアさん、座布団が体の上に乗ってますが・・・?

携帯画像 076.jpg
「細かいことは気にしません」

(大らかなことはよいことですね、快適ならそれでよいです)

今では起こさないと起きない寝坊犬・・・

それでも「おはよう」は魔法の言葉。虹
1日の始まりにはいいことがありそうな気がします。

画像0102 170.jpg
「おはよー晴れ

昼寝は一人でもよくするようになったノアですが、
それでも飼い主サボの品を探して眠る意外と律儀な子で
それがまたとても可愛いです。
画像0102 245.jpg


・・・ん?おいしい匂いがしてるワケじゃないよね!?


犬ブログランキングに参加しています。
応援ポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ




ニックネーム サボ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

ノアのお食事事情

画像 051.jpg
我が家に来て2日目のことでした。
(写真は3ヶ月の時のものです)
食いしん坊のキャバリアらしく豪快に朝ゴハンを召し上がって頂いた後、
「我が家の住み心地はどうかしら?」と尋ねた直後に
事件は起きました。
クルクルとトイレシートの上で輪を描くノアさん、
これはもしかして、あの合図・・・
一応、犬飼い経験はあるので、この予感は的中しました。
「ウ○チだー!」
なんか生きてる感じがして感動ーーー!
(当たり前ですが・・・親バカにもほどがある?)
ウ○チして感動されるなんて羨ましい限りです。

しかし、問題は下痢していたことでした。
しかも粘液や血が混ざっていたため、飼い主は顔面蒼白。
感動の瞬間から急に谷底へ突き落とされた気持ち。
犬と暮らすということは感情が忙しくなるということらしい・・・

などと悠長なことを言っている場合ではありません。

さっそくペットショップにご相談。
きっとこのような電話を日に何件も受けるのでしょう。
この世の終わりとばかりに慌てふためく飼い主を穏やかな口調でなだめてくれました。
「きっと環境の変化などでしょう、しばらく様子を見てみて下さい、
ご心配でしたら、便をお持ち頂ければ診察も致しますよ」

そうかー、心配だから便を持って行こうかとも思いましたが、
ペットショップまではけっこうな距離。
この子を一人にするのも、そうかと言って昨日の移動で疲れていると予想し、連れて行くのもいかがなものかと・・・

そんな自分の心配をよそに、すでにケージでスヤスヤ眠るノアさん。
「おなか痛くないいのかなー」(´・ω・`)

そこで過保護飼い主が思いついたのは、近所の獣医さんに連れて行くことでした
(もっともスタンダード、そんな名案のように言わなくても・・・)

かかりつけの獣医さんを早めに見つけておくのもよいことよねひらめき
あくまで前向きに気を取り直して、徒歩圏内の病院へ。

病院での診察結果として異常なものは何もありませんでした。
可愛い犬の看護婦さんの絵がついた紙のお薬袋に入った、
まるでTVで見かける大麻密輸のように少量に小分けされた
(物騒な表現ですみません)お薬を頂いて帰宅しました。
その後、食事の量を減らす、回数を増やすなど、いろいろ試してみましたが、
それでもノアのウ○チの様子は1週間経っても一進一退で変わりませんでした。
飼い主の心労も積み上がり、途方に暮れていたあの頃・・・

そこで荒いかもしれませんが、根本的な問題としてフードが合わないと思い、
生後2ヶ月でノアには悪いかもしれないけど、
フードを切り替えることに踏み切りました。
ネットや人に聞き、評判のよさそうなフード、
きっとこれなら今のより(高いし)いいはずだから・・・
と望みを託してあげ始めたところ、なんとその日から変化が!

夢にまで見た念願のコロコロウ○チ!顔(メロメロ)
(何度もウ○チとすみません)
小さい夢と言われようが、本当に望んでいたことなので
目の前がパーッと明るくなり、爛々とした目でしばらく見つめてしまいました。
答えはいつも意外と近いところにあるものです。

それからというもの、我が家はずっとこの「ナチュラルハーベスト」です。
今でも何かあるとすぐにお腹を壊してしまいますが、
これさえ食べていれば問題ないようです。

でも、ドッグフードだけの人(犬)生も味気ないと思うので
そのうち、手作りフードにもチャレンジしたいと思っています。
(味付けのないささ身やポテトくらいはおかずでつけてあげるようになりましたが)

画像0102 088.jpg
「やっぱりこれに限るワン」

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

犬ブログランキングに参加しています。
応援ポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ



ニックネーム サボ at 11:35| Comment(5) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

ミニラの戦闘開始!

携帯画像 075.jpg
さて、我が家に来たノアさん。
「ほ〜ら、今日からウチの子だよ、のびのび成長しようねー」と
声をかけると、ケージの中で「クゥーン」と鳴く姿に
親心も芽生えるというもの。
ペットショップの方からは
「10日間くらいはケージで過ごさせて下さい」と言われたものの
やっぱりちょっと構ってみたい!
そーっとケージから出してみました。
画像 001.jpg
すると一瞬も止まることない、
スイッチ入りっぱなしのぬいぐるみのようにちょこまかちょこまか、
とてとてとてとて、目にも止まらぬ早さで生後2ヶ月の小さな個体は
動き回るのでした。
オモチャなんて与えた暁には、
ガウガウ、アガガガーと野生全開に頭をブンブン振って
オモチャを振り回していました。
あれれ?キャバリアの育児本には
「攻撃性とは無縁の温和で優しい性格・・・」
思いっきり戦う気満々なんですけど。(汗)
まぁ、元気なのはいいことよねー。
これも個性だわ・・・と思うことにして
ひとまずケージへ戻すことに。
そのうち落ち着くかもー、なんて淡い期待は
未だ実現せずですが。(笑)
何はともあれ、こうしてノアとの生活は始まりました。
携帯画像 079.jpg
戦闘後、初めて乗ったベッドに満足気なノアさま・・・

犬ブログランキングに参加しています。
応援ポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ニックネーム サボ at 14:43| Comment(7) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出会いときっかけ

携帯画像 088_1.jpg
ノアに出会ったきっかけはペットショップでした。
もう20年も前ですが、チワワ、ヨークシャと我が家にご縁のあった
ワンコたちと出会ったお店。
ブリーダーさんや数々のサイトやショップを放浪して
なかなか決め手がなくて決断出来ずにいた時、
それこそ20年ぶりに、何かご縁があるかも・・・と足を伸ばして行った時に
出会ったのがノアでした。
ペットショップではおとなしい子だったらしいんですけどね。
自分が見学しに行った時も・・・
正直、予定していたより早く迎えたため、
決めてから迎えるまで1週間ほどショップで
待っていてもらいました。
携帯画像 085_1.jpg
迎えに行った当日の帰りのバスの中、子犬を抱えて気が気じゃなかった自分のことは言うまでもありませんが、
ノアも初めての外の世界にずっと好奇心旺盛でした。
自分も足早に(小走りに)帰ってすぐに
用意したケージに入れてみました。
携帯画像 084_1.jpg
”はじめまちて、ノアと申しましゅ”

この後、ノアは1.5キロの怪獣へと豹変するのでした。

犬ブログランキングに参加しています。
応援ポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム サボ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする